2013年7月 のアーカイブ | ブログメルマガアフィリエイトでノマドになる!自由を愛する夏目のブログ

執着、依存のなれの果て。

あっという間に7月も終わり、
8月はもう目の前です。

早いです。
早すぎます。

夏の間は作業を頑張ろう、と
息巻いていたのに
思っていたよりはかどっていない・・・。

これは暑さのせいね・・・と言い訳しつつ、
これからは頑張るぞ、と気合を入れなおしています。




さて、先日、ふとしたきっかけで
「ブラック企業大賞」というものを知りました。

ブラック企業にふさわしいと思われる会社を
何社か候補を挙げて、
そこから投票でブラック企業の大賞を決める、というもの。
(サイトはこちら→http://blackcorpaward.blogspot.jp/


いわゆるブラック企業というのは、
長時間労働、パワハラ、セクハラ、いじめ、
サービス残業、低賃金、残業代未払い、
などの問題が常識の範囲を超えていて、
問題のある企業のことを指します。




私が「ブラック企業」をいう言葉を知ったのは、
そんなに前のことではありませんが、
ブラック企業についての本を読んだことで、

「本当にこんなにひどい会社があるんだ」
と驚いたのを覚えています。




でも、今回この「ブラック企業大賞」のサイトを見つけて、
現在大賞の候補に挙がっている
数社の状況を読んでみたら・・・



本当に、これが現実に起こっているの?



って感じでした。




だって、働いているのは人間だよ?
それを指示するのも人間だよ?



どうやったら、そんなひどい事をさせることができて、
どうしたら、その指示を受け入れることができるんだろう・・・。




前にブラック企業についての本を読んだときにも、
もちろんびっくりしましたが
本に書かれていたせいか、どこかで
「これは珍しいケースなんだろうな」と
現実味を感じていなかったんです。



でも、その他にもこんなにたくさんの
問題を抱える企業があって、
その中でもいろんな種類の問題がある。


サイトを見て、その事に
あらためてびっくりして、怖くなってしまいました。




だって、残業130時間とか、
ノルマ達成の強制とか、
言葉、肉体的な暴力とか、
仕事をさせずに退職に追い込むとか、






本っ当に、訳わかんないから。





自分がそんな事させられたら嫌なはずなのに、
それを指示できる上司や会社もおかしいし、
それを受け入れてしまっている社員もおかしい。


まあ、会社側も社員側も、それぞれ
「売り上げを上げなければいけない」とか
「ここを辞めたら他の働き口がない」とかの
理由をつけて、最初はやっていたんだと思います。


でも、それを社員がいったん受け入れてしまうと、
過酷な労働環境によって精神的に不安定になり、
正常な判断ができなくなってしまう。
(DVの被害者もそうらしいです)

辛い、苦しいなら退職したり逃げたりすればいいのに、
その判断もできなくなって働き続ける。

そうすると、上司も「無理なことではない」と
判断してしまってさらに無理難題を要求する。



こういう悪循環の繰り返しで、
死に追いやられるまで、
肉体的、精神的にもボロボロになってしまうんですね。




いわゆる「ブラック企業」と言われている会社は、
私達が良く知る企業が多いです。

よく知っているという事は、
それだけ会社の規模も大きくて、
サービスが便利で安くて、皆がよく利用するから。

でも、その便利さと安さの裏に、
ブラックな部分があるんですよね。

そう思うと、いちがいに「安くて便利」が
第一優先ではないなー、と思ってしまいます。




ブラック企業を作ってしまうのは、そこで働いている人です。

社長をはじめ、管理職の人、その下で働く人たち。



だいたいが、「売り上げを効率良く上げたい」
という想いから(それ以外もあるかもですが)

長時間労働やサービス残業、低賃金、などの
指示をしたりされたり、ということに
なってしまうんですよね。



そして、その指示をする側もされる側も、
それをしてしまうのは

「その会社での自分の立場を守らなければ
自分の給与が確保できないから」


というところから来ているんだと思います。



その会社でもらうお給料がなければ生活していけない。
イコール、その会社の言うことを聞くしかない、

ということです。



最初はそういう想いから働いていた人も
そのうちにどんどんエスカレートしてしまって、
自分のおかれている状況を
冷静に判断することもできなくなってしまう。


これは、その人の人生を大きく変えてしまうほどの
悪ですよね。




幸い、私の働いてきたバイト先は
バイトだったからか、そういう事はありませんでしたが
(正社員はサービス残業とかひどかったけど)

時間とか、体力的に楽だとかの条件だけで
バイトを選んでいたので、その条件にあてまはれば
仕事内容なんて何でも良かった私は、

嫌だと思えば、こだわることなく
すぐにバイトを変えることもできました。


そういう執着や依存がない状態なら
ブラック企業につかまってしまうこともありません。



私の場合は、さらにつきつめて
「自分のやりたくない仕事はしたくない」
「通勤するのも嫌」
という気持ちから

アフィリエイトを始めてしまったくらいですから(笑)。




日本人の美徳とされる
「石の上にも三年」とか
「一度決めたことは最後までやり遂げる」と
いう精神は確かに素晴らしいですが、

時と場合を考えて、
柔軟に取り入れていくのが
今の時代は大事なんじゃないかと思います。




会社にしがみついて幸せになれないなら、
別の幸せになれる道を探すしかありません。


アフィリエイトをはじめとして、
執着、依存しないで稼ぐ方法はいくらでもあります。


何のために働いているのか、
をよーく考えてみてくださいね。

実践記に迷う。

暑さに弱い訳ではないのですが、
なぜか最近はダラダラしがちです。

夏の間は頑張るって決めたのに、
すぐに眠くなったり、脱線してしまったり・・・。

でも、頑張った先に
自分に返ってくるものが分かっているので、
それを励みにして作業できてるのが
せめてもの救いです。


来月、軽井沢に遊びに行くまでは
なんとか作業を続けたいと思います。




そんな訳で、最近は同じ作業の繰り返し。

変わったことや面白いこともなく
何を書こうかと迷っています。

こういった情報発信の場に
普段の実践記を書くのは大切だ、と
言われますが

実を言うと、私は実践記を書くのが苦手。




だって、色んな事を戦略的に
やっている人ならいいけれど、

私は同じような作業を繰り返して
報酬を増やしていこうという、
数打ちゃ多く当たる作戦なので

そんな単調な実践記、面白くないでしょう、
と自分で思ってしまうから。




でも、分かっています。

単調な毎日でも、何かしら
変化や学びはあるってことを。


でも、実践記を面白く読んでもらうのって
難しい気がしてしまって。


いや、ここでそんな事書いていては
いけないんですけどね。

実践記、今後は少しずつ取り入れて
頑張って書いてみようと思います。





他のアフィリエイターさんは
どんな風に実践記を取り入れているのかな?
と思い、他の方のメルマガ等を
読んでみましたが、


人によって全然違います。
(当たり前ですが)


実践記メインの方もいるし、
実践記を入れてない方もいるし、
実践記が日常の日記っぽくなっている人もいるし。


飲み会のお知らせ、とか
クイズを出すので返事募集、とか

色んなアイデアで
読者さんとコミュニケーションを
はかっていらっしゃいました。



参考にさせてもらおう、と
他の方のメルマガを拝見しましたが、


その上で出た結論は、

「自分らしく、書きたいように書けばいい」

ってことでしたね。



無理して、他の方の真似をしようとしたり、
アフィリエイターっぽい実践記を
入れようとしたりしても、

それが自分の書きたいものでなければ
出来上がったものはつまらなくなってしまう。



私の書いていることは、
事実だけを見ればどこにでもある情報です。

でも、そこに私のフィルターがあるからこそ、
私のメルマガ、ブログになっているんです。


そして、私の読者さんたちは、
それがあるから、読んでくれているはず。
(ですよね?)



なので、「メルマガらしい」「ブログらしい」
かどうかは気にせずに、

読者の皆さんに「面白い」「ためになる」と
思っていただけるような
「私らしい」ものを書いていきたいと思います。

(目標は大きく!)




あれ?

結局、分かりきっていたことに
逆戻りしてしまいました(笑)。

でも、人は迷っているときほど
近くの答えに気づかないものですよね。




「こういうテーマで書いてほしい」などの
ご意見も、もちろんお待ちしています^^

お給料の裏側は・・・。

いろんなところでちょびっと書いてますが、
ここ最近、断捨離を細々とすすめています。

基本的に、ズボラで大雑把で面倒くさがりで、
分かりやすくてシンプルなものが好きな私。
(女らしくないってことです、ええ。)


自由な時間と空間が欲しいなら、
持ち物を減らすのが得策!とばかりに
地道に持ち物を処分しています。

いったん捨てだすと快感になってくるので
連続して捨てられたりして、
最近はけっこうはかどっています。


旅行が好きなので、思い立ったら身軽に
ひょいひょい出かけられるようになるのが目標です^^




さて、最近アフィリエイト関連の本を読むことが
たまたま多くなっていて、
ここでもその感想などを書いていました。

その中で、もう一つ初めて知って
驚いたことがあります。



それは、一般的なサラリーマンのお給料について。
(ていうか、「サラリーマン」の定義が
いまだに分からないんですけどね・・・)


私はサラリーマンはおろか、
正社員として働いたことが一度もないので

手当てがどうとか、残業代が・・・とかは全く分かりません。




でも、私のイメージでは
「これくらいの能力を持つ人なら
これくらいの仕事ができるだろうから、
その報酬としてこれくらいあげる。」
という風に決まっているんじゃないかなー、と。


たぶん、私みたいに思っている人は
世の中にけっこういるんじゃないかと思います。




でも、最近読んだアフィリエイトの本数冊の中に
書いてありました!




「サラリーマンの給料は、
能力給ではない。」


と。




ん??

てことは何によって給料の額が決められてるの?




それは、

「年齢に応じて、
生きていける必要最低限の金額」


を基準にしているのだそう。



新入社員なら、自分一人が食べて生活していける
ギリギリの額で、

ある程度年齢を重ねてきたら家族を養って、
子供の教育費を出して、家を買って維持できる
ギリギリの額。


年齢によって生活環境が変わってくるので、
その生活を維持するために必要な額が変わってくるから、
お給料の金額も変わるってこと。




だから、20代の社員より50代の社員の方が
多くお給料をもらっているのは
長く働いているから、とかその分能力が上がっているから、
とかではなく、

最低限の生活に必要な額が
その分増えるから、ということだったんですねー。



この事実を初めて知ったとき、
びっくりすると同時に、少し納得しちゃいました。


「ああ、だから普通に働いている人のほとんどは
お金に不自由しているんだ」

と。





「サラリーマンでもないのに、口出しするな!」
と怒られてしまいそうですが、

私だって契約社員で働いたこともあるし、
アルバイトしたりもしています。



正社員のお給料がそういう決められ方をしている、
ということはアルバイト、パートのお給料も
同じ考え方で決められています。


アルバイトのお給料(時給)は
「こういう仕事をするのは
親と同居しているような世代だから、
生活費もそんなにかからないでしょ。」
ということだし、

パートだって
「ダンナの稼ぎがあるし、
食べるのには困らないでしょ。」

という基準で決められているってことです。



バイト→簡単な仕事→安い時給、
ではなく、

バイト→せっぱつまってないはず→安い時給、
ってことだったんですねー!!



目からウロコでしたよ。





ってことはですよ。


会社の利益のためにどんなに頑張っても、
頑張って利益を上げた分をもらえる訳じゃないし、
頑張っていない同僚と同じお給料。


割にあわないですよね・・・。



自分の時間とエネルギーと能力を使って
生み出した利益。

私だったらきちんと自分のものにしたいと
思いますね。




まあ、だからこそアフィリエイトをやっているんですけどね。

アフィリエイトは一人でもできるし、
やった分の成果は自分に返ってきますから。



もちろん、自分で納得しているなら
どんな稼ぎ方をしてもいいと思います。


でも、こういう風に自分のお給料の額が
決められている、と知ったら
雇われていることについて考えなおしてみよう、
というきっかけになることもありえますよね。




もしそうなら、是非考えてみてください。


そして、不本意だと思ったなら
今のあなたにできることから、はじめてみましょう。


ほんの小さなこと、
15分でできることでもいいんです。


その15分を積み重ねていったら、
新しく、納得できる道が
別に見えてくるかもしれません。





具体的に何をやればいいか分からないなら、
是非夏目にメールをくださいね。


小さなことから相談にのりますよ^^

またこの話~?!

毎回のように書いていますが、
地味~に作業をする毎日です。

最近は自宅にいられる時間も
増えているのでつい気がゆるんで、
録画しておいた「孤独のグルメ 3rd season」を
作業の手をとめて、観てしまったりします。
(食いしん坊が露呈しますね・・・)


これは、いかんです。

私にしてはけっこうな時間、
作業していると思いますが
それでももっと出来るはず。


まだまだスタート地点ですから、
慢心することなくやっていきたいですね。
(ま、慢心する要素はないんですがw)






少し前に、有名なアフィリエイターさんの
本を読んだ感想をかきましたが、

今もまた、有名なアフィリエイターさんの
書いた本を読んでいます。


まだ全部読み終えていないのですが、
こちらの方が一般向けに振り切っているせいか
読みやすくて分かりやすく、面白いと思います。





成功しているアフィリエイターさん達の本や、
ブログでプロフィールなどを読んだりすると、

皆さん必ずと言っていいほど書かれているのが
「サラリーマンでいる事の怖さと大変さ」です。




私はサラリーマン経験はないのですが、
「雇われる不自由さと怖さ」は
私なりに分かっているつもりなので、

アフィリエイターさん達がこのテの話を書いていると
「またこの話か・・・
どこにでも出てくるけどもう分かってるからな~」
なんて思ってました。




でも、なぜ皆が
「サラリーマンでいる事の怖さと大変さ」
をこぞって書いているのか、を
少し考えてみました。




そうしたら、気づいたんです。



世間の多くの人たちは
その事に気づいていないからだ、と。






それと同時に思い出しました。

私もとあるアフィリエイターさんが書いた、
「サラリーマンでいる事の怖さと大変さ」
を読んで、おそろしくなってしまった事を。



それは、アフィリエイトをやってはいましたが
全然稼げていなくて、
本気で「稼げるようになりたい!」と
思い始めて色んなアフィリエイターさんの
ブログを参考にしていた頃でした。


自分は超マイペースな性格で協調性もないので、
人に雇われて働く、という事に
向いていないなー、とは感じていました。



でも、私がうすうす感じていたけど
口に出していいか分からない、
雇われないなんて無理なんじゃないか、と
思っていた内容を

そのアフィリエイターさんは
「人に雇われることの怖さと不自由さ」として
見事な文章にして
私の目の前に出してくれてたんです。



それを読んだ私は
「やっぱり、同じように考えている人がいるんだ!」
とひそかに喜び、

そしてその人が経済的・時間的自由を
手にしていることに励まされました。



さらに、「サラリーマンという生き方」が
安定しているようで実は不安定なこと、

一見平穏と思われる日々の代償として
人生の大半の時間とエネルギーを
費やしてしまうことなど、
ぼーっと感じていたことを
改めてはっきりと分からせてもらえたんです。





多くのアフィリエイターさんは、
「雇われて働くことの不自由さ」を感じたことが
アフィリエイトという稼ぎ方を選んだ理由のようです。


そして、そのほとんどが、
「自分も雇われて働くしかないと思ってたけど、
アフィリエイトを知って
自由な稼ぎ方を選ぶことができた」
と言っています。


やはり皆、通る道は同じなんですね。




だから、アフィリエイターさんの経歴や
アフィリエイトについて語る部分を読む時は、
「サラリーマンで(雇われて)いる事の怖さと大変さ」
についての文章が必ずと言っていいほどついてまわる、
という事だったんですねー。




今までに読んだアフィリエイトの本、
ブログなどは数知れない私。


読んだ内容の記憶は全てはありませんが
おそらくそのほとんどに
「サラリーマンで(雇われて)いる事の怖さと大変さ」
が書かれていたはず。


だから、「またこの話か・・・もう分かってんだけどな~」
と思ってしまう訳ですね。




でも、それは私がアフィリエイトの本や
ブログを多く読んでいるから
知っているだけであって、

一般の人はサラリーマンの給与額の理由も
時間を拘束する理由も知らないし、
雇われるしかないと思ってる。



だから、そういう人たちが
アフィリエイトという稼ぎ方を知って、
そのメリットを知ってもらうためにも
この部分の説明は毎回重要になってきます。




私はもう、こういう考え方が当たり前に
なってしまっているので

まわりの人と話していると常に、
「(雇われて)働かないといけない」
という前提で話がすすんでいるのを感じて、

「えっ?雇われない道もあるんだけどな・・・」
と話にノレないときもあります(笑)。


でも、そういう時に
「いや、アフィリエイトっていう稼ぎ方があってね!」
とは言わないようにこらえています(笑)。


あきらかに「コイツ、あやしいな~」と
何かの勧誘のように思われて、
「変人」の烙印を永遠に押されてしまいますからね。

(協調性はなくても、
やっぱりまわりの人とは仲良くしたいです。笑)





昔の私には想像もつかなかったことが、
今の私には当たり前になっている。

そして、私はもう当たり前に思っていることが、
他の人にとっては当たり前じゃない。





ということは、

心では求めているけど、そういう生き方を
あきらめてしまっている人。

そもそも、そういう生き方を
考えたこともなかった人。


そういう人たちに、数年前の私が知って
嬉しかったことや励まされたことを
伝えていくのって大事なことだ!と感じます。




そして、そういう人たちの目にとまるように、
受け入れてもらえるように、
「いかにもアフィリエイター」ではないやり方で
やっていけたらな、と改めて思っています。




あなたにとっては、もう当たり前のことですか?

理想に近づいた瞬間。

もうすぐ夏休みですね~。

夏休み、と聞くとここから夏本番!って感じですよね。
すでにがっつり暑いのに。



私は子供の頃から本が大好きで、
夏休みの宿題は読書感想文だけ
まっさきに終えるような子供でした。

夏休みは本を沢山読むチャンスだったので
時間ができたら図書館に行って、
しょっちゅう沢山の本を借りて読んでいました。


夏休みが来ると、
「今年の夏は何を読もうかな~」
とワクワクしていたのを思い出します。

日本の純文学、外国文学、小説、エッセイ、
はたまた少女小説などなど、テーマを決めて
リストアップしては読み倒していました。

今考えるとちょっと気持ち悪い子供ですね(笑)。




でも、そんな風に夏に時間がたっぷりあるのは、
基本的には学生さんだけ。

下手したら中学生、高校生だって
塾や夏期講習でかえって
忙しいかもしれませんね。



同じように、社会人になって
勤め始めてしまったら、
好きなことをゆっくりするだけの夏休みなんて
なかなかとることはできません。

私は正社員として働いたことはありませんが、
夏休みとして長期休暇がとれても
だいたい一週間から10日がせいぜいですよね。

普段、週5日、朝から晩まで働いて、
それ以外で休めるのは祝日くらいのもの。



年に2回の長期休暇が
それ以外に大手をふって休めるチャンスなのに、

海外旅行に行ったら
それだけで休暇は終わってしまいます。



他にも、ゆっくり読書をしたり、
家の片付けをしたり、
観そびれていた映画のDVDを観たり、
ピザの美味しいお店を開拓したり、

色々のんびりとやりたいじゃないですか。



日本の普通の企業では、有給休暇はあるのに
堂々と休めるのは年に二回の長期休暇だけで、
(それすらとれない場合もあるとか!)

普段、ちょっとのんびり過ごしたい時に
有給を使って休む、なんて
とてもできる空気ではないそうなんです。


「休みが与えられているのに
休めないの?!」
とそれを聞いたときびっくりしましたね。


それが本当だとしたら、
正社員として働くって、すごく不便だな、
と思ってしまいます。




もちろん、社員としてしっかり働くことの
メリットもあるとは思いますが、

私は自由に時間を使えること、
自分のやり方で稼げる方が良いと思うので、
社員として働こう、とはやはり思えないんです。





何度も書いていますが、
私はアルバイトをしながら
アフィリエイトをしています。

アフィリエイトの報酬が
月に数万円になってきたので、
その分バイトに入る時間を減らして、

アフィリエイトする時間を増やし、
ゆくゆくはアフィリエイトのみで
稼いでいこうと考えています。



以前は、私もアルバイトながら
みっちり週5日、フルで働いていました。

その頃は、それに慣れていたし、
アフィリエイトを知らなかったので
稼ぐためにそうするしかなかったんです。




でも、アフィリエイトを知って、
少しずつ報酬が得られるようになって、

週5日フルタイムから
→週5日(たまに半日)
→週4日→週4日(たまに半日)
→週3日から週4日、

という風に少しずつ
バイトする時間を減らすようになったら、




もう、週5日フルタイムには戻れない!!!!



好きな時に好きなように
好きなことをする時間が増えるって、
こんなにも素晴らしいことなのか!!


と目からウロコがボロボロ落ちてしまいました。




なので、それを維持&より増やすために
アフィリエイトにも熱が入るってもんです(笑)。



そして、現在のように
ゆるーいシフトになると、
当たり前ですが自由な時間が増えるし、
スケジュールを自分の自由に組める、
というのが本当に嬉しいんです。




昨日も、父親が
「8月に家族で軽井沢に行こう」と言い出し、
家族で盛り上がっていたところだったので。


以前の私だったら、
「軽井沢には行きたいけど、
そう簡単にバイトを休めないし、
休んだ分、給料が減ってしまう」
ということを一番に気にしていました。




でも、今は違います。


3泊するくらいの休みはいつでもとれるし、
バイトを休んでも、アフィリエイトをしている限りは
その間も報酬が得られるからです。
(その間アフィリエイトしていなくても)


なので、パートをしている母と
正社員で働いている弟が
「うーん、休み、どうしよう・・・」
と悩んでいるそばで


私は
「いーよ!行こう行こう!!」
とあっさり言えたんです。




後から考えてみたら、
これは私にとってすごいこと。

ちょっと感動してしまいました。


だって、「自由な時間と、
自由になるお金を手に入れて、
やりたい事をやって人生を楽しむ」
のが理想の私が、

その理想に一歩近づけたと感じた
瞬間だったからです。





ま、その分、アフィリエイトを
がっつりやらないとですけどね(笑)!!




という訳で、来月は思いがけず軽井沢です。
避暑です。涼しいです。

夏はアフィリエイト漬けになる!と
宣言していましたが、
やっぱり休息も必要ということでしょうか。



実は、秋に近場ですが海外に行く予定もあります。
そのスケジュールもかなり余裕を持って
組むことができそうなので、

「せっかく行くなら、ちゃんと楽しもう!」
ということでせかせかしない
旅行スケジュールを組んで、
思いっきり楽しもう!と計画中です。




今、充分幸せですが
もっと楽しめるように、いずれ(近いうちに)
もっと時間とお金を得られるように
今頑張ろうと思います。



あなたにも、一刻も早く
自由な時間を増やすための
鍵を手に入れて欲しいです。

そして、一緒に人生を楽しみましょう!

ブログメルマガアフィリエイトでノマドになる!自由を愛する夏目のブログ TOP » 2013年7月 のアーカイブ